転職で後悔しないために~エステ業界で働く人の声を聞く~

異業種からでもエステ業界に転職できる!~求人に応募しましょう~ 異業種からでもエステ業界に転職できる!~求人に応募しましょう~

エステ業界の実態とは?~異業種からの転職で後悔しないように~

異業種にいると、エステ業界の事情は分かりにくいものです。転職してから後悔しないよう、前もって調べておきましょう。

エステティシャンが語る業界事情

実際にエステティシャンとして働く人に、働いてみてどうだったのか聞いてみました。

最新の美容を試すことができます(エステティシャン)

エステティシャンになる前から、美容には気を使っていて新しい商品は試すようにしていましたが、お金がかかりますし、最新情報を見落とすことも多かったです。しかし、エステティシャンになってからは、業務で最新のものを使うためそうしたこともなくなりました。商品の購入や施術を受けるのも社員割引してもらえるので嬉しいです。

仕事は結構きついです(エステティシャン)

華やかなイメージを持たれることが多いエステ業界ですが、きつい仕事も多いです。肌が弱い人の場合、エステで使用するオイルで手が荒れてしまうこともあります。特に異業種からの転職など、経験がない人は技術を身につけるまでは反復練習が必要ですし、すぐに施術を任される訳ではありません。

手に職をつけることができます(エステティシャン)

以前は、事務職の契約社員をしていました。事務職の場合競争率が高く、経験があるからといって転職が成功するとは限りません。契約が切れても、次が見つからなかったらどうしようといつも不安でした。そこで、手に職をつけるためにエステティシャンへ転職。異業種からの場合でも、しっかりと技術を身につけた後はどの店舗でも通用するようになりますよ。

大変な分楽しみもあるエステティシャン

エステティシャンは仕事がきつく、お客さんに合わせて臨機応変に対応しないといけないなど大変なこともあります。しかし、最新の美容に触れてしっかりと技術を身につけられるというようにメリットも多いです。異業種から転職する場合は、その両方の面を考えた上で挑戦しましょう。

TOPボタン