エステ業界の面接の受け方~異業種でもしっかりアピール~

異業種からでもエステ業界に転職できる!~求人に応募しましょう~ 異業種からでもエステ業界に転職できる!~求人に応募しましょう~

エステ業界でのアピールポイント~異業種からの転職する強み~

求人情報を見て働きたいサロンが見つかったらいよいよ応募です。採用してもらえるよう、転職でのポイントを抑えましょう。

面接を受けるときのポイント

異業種で働いていた場合、実績でアピールすることはできません。少しでも採用される確率を上げるためには、面接で好印象を残しましょう。

上品さ
エステサロンに来るお客さんは施術による効果だけではなく、上質な癒やし空間を求めていることが多いです。そのため、エステティシャンには正しい言葉遣いや丁寧な対応など、上品さが求められます。面接時には、上品さを意識して臨むことが大切です。
肌の状態や体調
美しくなるためのエステサロンで肌が荒れたスタッフが働いていると、このサロンでは効果がないのかとお客さんを不安にさせてしまいます。面接時には、肌の状態を整えて挑むようにしましょう。その他、体調が崩れにくく体力があるということもアピールポイントになります。エステの施術を行うには、体力が必要だからです。
外見
上記したように、きれいにするためのエステサロンでは見た目の美しさが求められます。これは、顔が美人ということではなく、清潔感があるということです。面接時には、清潔感のある髪型や服装を心がけてください。また、サロンの雰囲気に合わせてメイクや服装を変えることも効果的です。

異業種から転職するならここをアピール

異業種からエステ業界に転職する場合、アピールできるポイントは全くないと考えていませんか?職種によっては、十分アピール要素のなるポイントがありますよ。例えば、化粧品メーカーや薬剤師といった異業種からの転職は強みがあります。エステでは様々な化粧品を扱いますが、きちんと理解してお客さんにも説明ができるよう化粧品や含まれている成分についての知識は重宝されます。異業種でそうしたものについて専門的に扱っていた場合、転職後もその知識を役立てることができるのです。

TOPボタン